高校3年生が更新中!  ぜひぜひっ
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年05月27日 (木) | 編集 |
「ねぇ、君、3-1に来ない?」

そぅ、運命の出会いだった・・・
(ノ*´>ω<)ノ【☆GoodEvening☆】ヽ(>ω<`*ヽ)

kazでっす!



テスト期間が始まって、早くも一週間が経とうとしています。

同じ、テスト期間の人はちゃんと勉強してますか?

僕はしていません!!(`・ω・´)(殴

僕等の学校は、テスト期間でも部活をやっているところがあるみたいです。



僕が入ってる卓球部は、県大会以来なかったのでPcしまくっていたんですが・・・

ついに動きました、ヤツぐわぁ!!!!!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○ (´д`)●○●○●○●○●○●○●○●○●○

これは、一日の授業を終え、やっと終わったーって感じの気分で掃除をしている時の出来事だ。

kazは図書室の手前の廊下の担当なので、そこでサボる同じ班の人は気にせず掃除をしていた。

僕と、あと一人しかいない掃除場で一体何が生まれるというんだ・・・(@1人・・・友達と雑談中

見張りの先生もなぜかいないので、俺はサボろうとした。(サボるにも行先はないが・・・

まぁ、気晴らしに冷水器の水でも飲もう。
以外にも水が冷たくて、口の中で冷水の踊るのを楽しんでいた。(ダマレ

その時。

突然、背後から声をかけられた!

「君が・・・、kaz君?」

いきなりだったのでビックリしたのと、あまりにも美声だったので素直に驚いた。
ちゅーか、友達いないから話しかけられるの嬉しかった!(殴

「はい、そうですけど。」

「ねぇ、君、3-1に来ない?」

なんなんだ・・・。俺を誘拐しても何も出ないぞ!
それに第一、俺は1年なのに何で3年生の教室に行かないといけないんだ!!

「ぇ・・・、貴方、誰・・・?」

わずかに聞き覚えのあるその声の正体は水を飲んでいる僕の横に移動した。

「忘れたとは言わせないよ。」

うわ、きめぇ・・・

水のタップダンスを楽しんだ僕は顔をゆっくりと声の正体に向けた。

その瞬間、一気に現実に戻された。

「あ、貴方は!!!」

そこに立っているのは、卓球部の顧問だった。

「どうしてここに・・・」

俺を食ってもおいしくn(ry

「卓球部恒例の勉強会に連れていくためSA☆」

●○●○●○●○●○●○●○●○●○ (´д`)●○●○●○●○●○●○●○●○●○

というわけで、俺の家に帰ってのPcタイム眼鏡野郎によって消失したのだった・・・orz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
kazさんどんまいです;
2010/05/30(日) 10:45:46 | URL | ピクにゃん #-[ 編集]
No title
>ピクにゃん

どまありです^^;
2010/05/30(日) 13:44:54 | URL | kaz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。